小林整形外科、熊谷市、玉井南、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科小林整形外科

陥入爪・巻き爪・爪白癬

巻き爪・陥入爪・爪白癬

●巻き爪
巻き爪は放置しておくと炎症や疼痛を引き起こします。軟部組織に食い込んだ爪の圧迫を取り除いてやることが必要です。治療法として、テーピング法やコットンパッキング法、ワイヤー法などがあります。従来の矯正治療は矯正器具を外すと再び爪が巻いてきて再発する事が多く、完全な治癒とはならないことが多く見られました。

最近、マルホより巻き爪マイスターによる巻き爪矯正器具が開発されました。コイル状の矯正器具で巻き爪を矯正します。その状態で一時的に組織のむすびつきを外す薬(リネイルゲル)を爪に塗ることで器具を外しても再び爪が巻いてくる事が少なくなり再発率が低下するようになりました。。
 
器具による巻き爪の矯正は自費診療となります。

 ●陥入爪
陥入爪は深爪などにより爪甲の側縁が周囲の軟部組織に食い込み炎症が出現する病気です。
爪の棘や肉芽組織が形成される場合が多くみられます。
爪の下にコットンを詰める方法やワイヤーにより陥入した爪を持ち上げる方法などがあります。
難治性の場合は陥入した爪を爪母より切除する手術治療(保険診療)となります。
 
●爪白癬
爪白癬(爪水虫)により爪の肥厚、爪の変形、爪の白濁を生じ、疼痛や感染を引き起こします。
他の疾患を否定するために真菌学的検査により診断を確定する必要があります。
治療としては肥厚、硬化した爪の処置をおこない、爪白癬用の外用液を使います。
感染しない爪が伸びてくるまで長期間の治療が必要となります。